T.M. Bilosnić – Molitva sv. Franji / japanski / トミスラフ=マリヤン・ビロスニッチ

聖フランシスコへの祈り

神よ、鳥が大地を受け継ぎ
われわれが生きとし生ける者との友情を得られるような
静寂を与えてください。

神よ、身体と翼がなす十字架とともに
死してなお小さな存在たちと友好を保てるような
静寂をわれわれに与えてください。

聖フランシスコよ、君が
丘に登る道を行くなら
その時は鳥たちがみな
野原へ舞い降りてくれると良い。
神は、天使たちが、鳥たちが
草木すべてに窓を開け放ち、その低い茎に
若い星の羽毛のごとき光をもたらすことを望んでいる。

どうか、水流の音のごとく
さえずりが僕を起こすように
そしてどうか、神の翼にいだかれた火が
はぜる音のごとく
さえずりは僕をそわそわさせるように。

夜となり羊が鳴き始めても
鳥は、止むことなく歌い続けよ。
ガラスに囲まれ身を潜め続けていることは、僕には出来ないし
金属の柵の向こうから舌を出すだけで我慢は出来ない。
どうか、記憶に残らせよ
ハチドリが神経のごとく
重い心配に震えるのを。
どうか、大勢の人々がいる中
われわれが一匹の蟻を
砂で守ったことが記憶に刻まれるように。
どうか、芋虫と蝶が一緒に目覚めるごとく
僕の弱点が知られたままであるように。
驢馬のようにいななく風に似た
僕の苦しみが記憶されるように。

狼も山羊も一緒に君と歩んだ
道を捜しながら、僕は
鳥のごとく、捕らえることのできない魚を見た
同じ苦しみを苦しむ驢馬と蜂を
われわれの霊を空へと運ぶ白い雲を見た。

虎を眼の前にした恐れより美しいものがあるだろうか
暁の訪れとともに
蝶から放たれる輝きで
蜘蛛が網を編んでいく
この物語のそんな結末よりも美しいものがあるだろうか。

神よ、静寂を与えてください
われわれの家庭にあっては
雄牛たちが重い頭を垂れるその上に
いつも虫たちがいますように。

神よ、静寂を与えてください
雀が、イ・キヨ、キヨキヨ、生きよ生きよ、と
いっときたりとも、われわれの耳を休ませず
歌い続け、孤独に疲れたわれわれに
犬の吠え声がまた聞こえてくるまでは、そんな静寂を。

魚がどうか大地を受け継ぐよう
蜂がどうか大地を受け継ぐよう
蟻も
蝉も。
野生の馬がどうか大地を受け継ぐよう
また、われわれの傷の上をゆるやかに飛び回る
蠅も。
どうかわが庭で
高貴な雄鶏が気もそぞろに暁を待ちつつ
何か思い出すかのごとく高鳴きするよう。

わが聖フランシスコよ、
君はあらゆる被造物と歩き
君だけがあらゆる生き物と歌った。
動物たちのたましいを
宝石を運ぶかのごとく遠くまで導いた。
君は野生の、あるいは家に飼われる動物すべての
耳に物語る
声の使い方を知っている。
この庭の蟻の中で、古い桑の
木に登ろうとしているあの一匹の
正しい名前を知っている。
では教えてくれ、あの蟻は
僕よりもっと「良き」ものであるかどうか。

蝶の真似をしながらも僕が
あの毛虫を見ることは、もう間違いなく、ないだろう。
夜通し僕を待っていた
杉の枝にいた、あいつ
記憶、である。
影のように遠ざかって行く
馬群の脇を通りがかって
見れば、行く先を承知しているとも思えぬ蹄という蹄が
埃を立てながら舞っている。
仔羊たちと会話を弾ませつつ
僕は蝉と蟻に満ちた太陽を待った。
他の生き物たちもどんどん集まってきて
それは美しく、聖人画のおさな児イエスのようであった。

水を見る
魚の群れは、時間の虚無の深みを覆い隠している。
空を見る
鳥の群れは、空間の深みを満たしている。
地を見る
虫の群れは、生の荒地を覆い隠している。
頼む、わが聖フランシスコよ
君の鍵を手にとらえ、その秘密とともに
僕の胸を解錠せよ
暇そうに一匹、道をとぼとぼ歩いて行く羊のごとく
埃のなか最初に出会う生き物に対して、僕が愛情を伝えるために。

Na japanski preveo: Masahiko Otsuka

Tomislav Marijan Bilosnić

Tomislav Marijan Bilosnić (was born in January 18th in 1947, at Zemunik, Zadar, Croatia) is a contemporary Croatian author, poet, feuilletonist, travels writer, critic, reporter, painter and a photographer. He attended the primary school at Zemunik, secondary technical school and the Faculty of Humanities in Zadar.

He is the author of more than seventy books of prose, poetry, critiques, feuilletons and travels, as well as of more than forty exhibitions in different techniques: monotypes, oil, pastel crayons, drawings and art photos. He is occupied with ecology, too; so he is the writer who attracts a special attention by the number of the published books and by the breadth of his art preoccupation as well as by his biography in a narrower sense. His work has been translated in Italian, Germanic, English, Turkish, Japanese, Albanian, Macedonian, Spanish, Polish, France, Russian, Romanian and in Slovenian. He is included in literary reviews, summaries, surveys, panoramas, anthologies, lexicons and school curriculum; he was the editor of some newspapers, magazines, editions and columns. He initiated and edited publications “Zoranić”, “Poster” and “Zadranka”, he was a redactor of artistic-scientific “The Review of Zadar”, weekly than daily “Zadar Newspaper” and its first manager, and a member of a redaction of the magazines “Ground”, weekly “The Blue Herald” and “Clear Days”, the first copy of the courier og the town of Nin “The City of Nin”. As a guest-editor he participated in editing of the children magazine “The Dandelion”. He was the editor in chief of the press service of International Festival of Children in Šibenik for years and of the poet edition “Matsuo Basho”. He was the editor in chief of the weekly “Zadarski Regional” and “List”.

He has been omnipresent in all the Croatian media (“Vjesnik” – The Herald, “Večernji list” – The Evening Newspaper, “Slobodna Dalmacija” – Free Dalmatia, “Novi list” – A New Newspaper, “Glas Istre” – The Voice of Istria, “Glas Slavonije” – The Voice of Slavonia, etc.), he is the author of the thousands of articles, comments, reports, observations and travels edited in the most of the Croatian newspapers, magazines and publications, as well as on the radio and TV. His TV-serial “The Adventures of the Sea Horse” was very popular.

He has travelled a great deal all around the world; he was a construction worker, an engineering technician, a waiter, a driver, an accountant, an administrative employee, a reporter, a marketing director and a superior independent business administrator. He was the manager of retail trade in the trade company “Zadranka”. He is been the one of the founder of the Zadar song contest “Festival of Zadar” and its first director; he was the president of the board of “Narodni list” (People Newspaper). In the Country War he was the commander of the Independent platoon of the artists (1991./92.). He is the member of the Society of the Croatian veterans of the Country War, the member of the Society of the Croatian Writers and its president of the Branch of Zadar, the member of the Society of the Croatian haiku poets, he is founded and led the Fine Arts Camp of Karin, he is the member of HADLU Zadar (Croatian Society of Fine Arts Zadar), he is the secretary of the Croatian-American humanitarian Children and Family Society, ex-president of the Lions Club Zadar, the president of the Society of 3000 Years of Zadar, he is the winner of the award of Coat of arms of the City of Zadar for his art and social actions.